乾燥でファンデーションが浮くのはもう嫌! 粉浮きの原因と対策を探る

肌をより美しく見せるためにかかせないファンデーション。でも・・

なんだかファンデーションを塗ると肌がカサカサして皮がむけたような感じがする、角質が浮いたような感じになってしまう。なんて困ったことはありませんか?

せっかく高いファンデーションを買ったのに、全然馴染んでくれない。

今まで色んなものを試してみたけど、どうも私の肌には合わないみたいだし、こんなことなら塗らないほうがマシかも・・。

これでは、本来肌を美しくみせるためのファンデーションのはずが本末転倒になってしまいますよね。

でも、やっぱりファンデーションがないと困るし、なんとか原因を知って肌馴染みを良くしたい。もっとキメ細かい美しい肌にみせたい。

そんなあなたに、今回は粉浮きの原因と対策を一緒に探っていきましょう。

そもそも粉浮きしていない状態って?

ファンデーションというものは、リキッドや粉に関わらず、基本的には皮膚や毛穴へ直接吸着することで肌と粉がピッタリと合わさって、ファンデーションの本来の力を発揮します。

しかし、この皮膚とファンデーションの間にすき間ができてしまうと粉が浮いて流れてしまい化粧崩れの原因になります。

すき間ができてしまうってどういうこと?

すき間ができる主な原因は皮脂です。

肌から皮脂が分泌されることによって肌とファンデーションの間にすき間ができてしまうと、リキッドや粉のファンデーションは肌と合わさることができず、皮脂と一緒に流れていってしまいます。

皮脂と言われてもいまいちピンとこないし、乾燥肌の私には関係ないのでは?

なんて思われるかもしれませんが、実は皮脂と乾燥肌が大きく関係しているのです。

皮脂と乾燥肌の関係性とは

皮脂とは表皮の皮脂腺から分泌される成分で、油脂状の物質です。

皮膚の乾燥を防ぐ為に必要な物ではあるですが、肌の乾燥が続くと肌が敏感な状態になり保護しようとする力が働いて過剰に分泌されてしまいます。

その結果、水分量は少ないまま皮脂だけが過剰に分泌されてしまいます。

この状態を乾燥性脂性肌(インナードライ)と言います。

これによって化粧が崩れる原因となるだけでなく、皮脂浮きして肌が滑らかな状態でないままファンデーションを塗ってしまい、化粧ノリが悪いと感じるのです。

皮脂の分泌は必ずあるものなので完全になくすことはできませんが、正しく対策を行えば皮脂量を抑えることができ、化粧崩れはかなり改善されます。

では実際に以上のことを踏まえてファンデーションが浮く原因と対策を探り、1つ1つ見直していきましょう!

ファンデーションが浮いてしまう原因と対策を探る

考えられる原因その1【スキンケア不足による乾燥状態】

・保湿はたっぷりと行っていますか?

朝も晩も化粧水は惜しみなくたっぷり使ってください。

過剰な皮脂の分泌を抑えるために重要なことはなによりも保湿です。

十分な保湿ができていれば余分な皮脂や角質のない滑らかな肌状態にすることができ、粉浮きも防いでメイクが馴染みやすくなります。

お出かけの日は、美容パックを使うのもおすすめです。

化粧前にパックをすることで、十分な保湿ができるだけでなく、余分な皮脂や浮いた角質を取り除きお肌を滑らかにしてくれます。

コットンパックもおすすめです。はがせるタイプのコットンに普段お使いの化粧水をたっぷり含ませ、薄くはがして顔全体に貼り、5分程置いたらはがします。

これで美容パックと同じような効果が期待できますよ。

・乳液をつけすぎていませんか?

乳液の基本的な役割は化粧水や美容液を閉じ込めるフタです。

つけすぎると余計な油分が残ってしまい、化粧崩れの原因となります。

肌を薄くカバーする程度につけましょう。

考えられる原因その2【間違った順序や塗り方】

・化粧水や乳液などの保湿を行った後、すぐにファンデーションを塗ってしまっていませんか?

お化粧前のスキンケアは必ず必要ですし保湿は十分にしてほしいのですが、保湿後すぐにベースメイクを始めてしまうのは良くありません。

というのも、スキンケアの水分や油分が浸透するのには数分かかると言われており、浸透する前にメイクを始めてしまうと肌の上に余分な水分や油分が残ってファンデーションと肌の間にすき間ができてしまい、化粧浮きや崩れる原因となってしまいます。

保湿が終わったら、3分程待ってからベースメイクを行ってください。

これだけで肌馴染みがかなり良くなります。

・メイク道具は正しく使えていますか?

よくある失敗としてはパフやスポンジの使い方です。

カバーしたいからと言って何度も同じ場所に塗ってしまうと皮膚がこすれてしまい皮脂や角質がケバ立ったような状態になってしまいます。

乾燥肌、敏感肌にとっては特に良くないですよね。

このままファンデーションを塗っても当然肌に馴染んでくれませんし、日常的に行うことで肌自体にダメージを受けてしまいます。

何度も同じ場所に塗らないよう鏡で確認しながら優しく塗りましょう。

優しく押さえるように塗ると刺激も少なくきれいにつきますよ。

どうしてもうまくいかないようであればブラシに変えてみるのも良いかもしれません。

柔らかく大きいタイプのものなら刺激を抑えてキメ細かく美しい肌に仕上げることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大事なことはファンデーションのしくみと根本の原因を知って一つ一つ今までのやり方を振り返りながら問題を解決していくことが大切です。

私の肌には合わない・・なんてファンデーションを諦めてしまう前に、粉浮きの原因と対策を知って今日からあなたもファンデーションに本来の役割を与え、強い味方に変えていきましょう。

Добавить комментарий

Ваш e-mail не будет опубликован. Обязательные поля помечены *